店長ブログ


ガールズへブンをご覧の皆様
求人担当『権田原為三』です(o ̄∇ ̄)/

【いろんな求人情報を見ると、どこもいいことばっかり書いてありますが…】

答:ちょっと長くなるので、結論先に言います。

まずは疑ってください。なぜなのか!?

たとえばテレビCMでよく見かける
「JARO(日本広告審査機構)」のような
広告をチェックする団体は、
 私たちの風俗業界には存在しません。
そこにつけこんで、ある事ない事、
うそ・大げさ・まぎらわしいの
 オンパレードであるのが風俗店の
求人広告の現状です。
これでもかつてに比べれば
いくらかましになった方。 
でも一般のお仕事と比べるとまだまだ、
その信憑性は極めて低いと言わざるを得ません。 

たとえば入店祝い金10万円なんて
書いてあるお店を見かけます。
100%ウソだと思ってください。
見ず知らずのあなたに、なんの担保も取らずに
何万円ものお金をいきなり貸してくれる、
 ましてやただ「くれる」人など、
世界中探したって存在しません。
その裏には恐ろしい現実が待っています。

「10万円を20回に分けてお支払いします。 
ただし遅刻、欠勤、お客様からのクレームがあった場合は、
その資格を失います。」とか。


お客様からのクレームなんて、お店の裁量で
どのようにでもでっち上げられますから。
それでもこの例は、説明しようとしているだけ
まだましな方かも知れません。
中には 「あれはウソ。風俗の求人にほんとの事なんか
書いてあるわけないでしょ。 どこ行ったっておんなじだよ。
うちは正直にウソだって言うだけまだましな方。
お金必要なんでしょ。
10万なんて2~3日もあれば余裕で稼げるんだからさ。
せっかく勇気出してここまで来たんだもん、
とりあえず体験してみようよ。」 

なんて、はなから開き直ってくるヤカラだっているでしょう。

ウソをつくのが当たり前なんて、
とてもお仕事のお話とは思えません。

風俗店の求人広告を見る時は
「あなたが今までの人生で築いてこられた一般常識」に 
照らし合わせてチェックしてください。 
それでも緊急にお金が必要だったりすると 
「風俗だから、特殊な世界だから、
きっとこんなおいしい話もあるに違いない」
 と思ってしまうというか、むしろ思いたい。

その弱い心に悪魔が忍び込みます。

経済原理は全国、いや万国共通。
風俗業界だけで特別な事が起こるなんてあり得ません。

だから、まずは疑ってかかるのが正解です。
少しでも変だなっと思ったら、やめておいた方が無難です。
私たちリッカドンナは、胸を張って、
本当の事だけをお話しています。

それでも不安は残ると思います。 
まだまだ気になることはあると思います。 
お気軽にいつでもお問い合わせしてくださいね(^^)
>>>こんな女の子たちが働いてます
- Photo Diary -
ご質問/お問合せ
0120-787-093
(受付 9:00~翌1:00)
お気に入り店舗に追加

遊びたい日付を選択してください

仮予約をご利用の際は必ずお店の定休日をご確認ください。